資料ダウンロード

UserLocal 人工知能チャットボット

【チャットボットサービスの選び方】
クラウドやオンプレミスの3タイプを徹底比較

チャットボットはいろいろなベンダーからサービスが提供されており、どんな比較軸でチャットボットサービスを選べば良いのか、担当者の方は悩むことも多いかと思います。どれも同じに見えるチャットボットサービスも、下記の3つのタイプ(システム)に分類すると、自社に必要なチャットボットが見えてきます。

  • セルフサービス型

  • サポート付きクラウド型

  • オンプレミス型

まずは、この3つの比較軸で、自分の会社に合ったチャットボットサービスを探してみましょう。

チャットボットサービスの3つの型「セルフサービス型」と「サポート付きクラウド型」、「オンプレミス型」とは?

セルフサービス型

セルフサービス型は、数万円から導入することができ低価格が魅力ですが、導入設定や、シナリオ設定などは自社で実施する必要があります。
不明な点は電話やメールでベンダーに問い合わせる必要もありますが、基本的にはほとんどの工程を自社で行いながらチャットボットの導入を進めることになります。セルフサービス型はほとんどがクラウドサービスですが、同じクラウド型のチャットボットサービスでも、サポート体制の違いが導入・運用のハードルに大きく影響するため本記事では切り分けて解説しています。

サポート付きクラウド型

クラウド型のチャットボットサービスは、チャットボットのシステムを自社のサーバーに置くのではなく、サービス提供側のサーバーに設置されたものを利用するため、導入期間が短く、ブラウザの管理画面ですぐに利用することができます。
セルフサービス型と違い、ベンダー側が導入における細かい設定までサポートを行うという特徴があります。弊社の「サポートチャットボット」もこのタイプです。

オンプレミス型

自社の指定したサーバーにチャットボットを設置できる仕組みのことです。
現在はあらゆるシステムにおいて、クラウドが主流になりつつありますが、セキュリティーに独自の基準を求める企業などでは、クラウド型よりも、オンプレミス型が好まれることもあります。
デメリットは初期費用が高いことと、導入期間が長くなることです。費用が高いため、サポート面も充実しているケースが多いと言えます。

チャットボットの3つのシステムの比較図

タイプ セルフサービス型 サポート付きクラウド型 オンプレミス型
初期費用 0円~数万円 数万円~数十万円 数十万円~数百万円
月次費用 0円~数万円 数万円~数十万円 数十万円~
機能
導入期間
サポート体制
セキュリティー

3つのタイプから自社に合う最適なシステムを選ぶ!

企業によって、予算や担当者のスキル、システム環境が違います。この3つのタイプのチャットボットサービスから自社に合うものを選んで導入しましょう。下記の3つの導入例を参考にしてください。

セルフサービス型で、とにかく費用を抑えたい!

最も安い費用で始めるには、セルフサービス型のチャットボットサービスを選ぶのが良いでしょう。ただし、チャットボットを動かすための初期設定は自分達で行う必要があります。
この点はベンダーから提供される資料やマニュアルを読んで、自分達で設定する必要があります。このタイプは、自分達で徹底的に実装作業を行うことができ、設定や効果測定に時間をかけることができる企業に向いています。

最適予算のサポート付きクラウド型で、導入設定もベンダーに任せたい!

最適な予算で、初期設定もベンダーに調整を依頼するのであれば「サポート付きクラウド型」を選びましょう。クラウド型の良いところは、安価で高機能で、しかも導入が早いことです。
通常、チャットボットの初期設定やシナリオ設定などは、チャットボットサービスの導入の経験がないと、設定に苦労しますが、導入サポートがありますので、シナリオ設定もベンダーが調整してくれます。
また、ベンダーの担当者はチャットボットの導入を数多く経験しており、過去の成功事例に従い、成果を最大化してくれますから、ある程度予算があり、チャットボットの最適な設定をベンダーに依頼したいケースに向いています。

オンプレミス型で自社環境に合わせてチャットボットを構築する!

自社独自のセキュリティー基準に合わせるなら「オンプレミス型」です。
セキュリティーが独自基準のため、クラウド環境がNGの企業には最適の方法です。初期費用がかかりますが、自社のインフラ環境にあわせたチャットボットを構築できます。また、ベンダーからの手厚いサポートも受けられるため、初期設定は、ベンダーと一緒に進められます。

自社で実現したいことに近い事例からチャットボットサービスを選ぼう!

3つのタイプから、自社に合うチャットボットを選べたのなら、あとは自社がやりたいことと近しい事例から、選定してみましょう。下記は、弊社ユーザーローカルが提供するチャットボットサービス、「サポートチャットボット」の事例ですので、参考にご覧ください。

サポートチャットボットの事例



また、チャットボットを一から知りたい方は下記をご覧ください。
【全解説】業務効率を35%も改善!チャットボットの事例・価格・選び方