サポートチャットボットの主要機能

ユーザーローカルサポートチャットボットではユーザー体験を向上させるさまざまな機能を提供しています。


法人向け : サポートチャットボット資料のダウンロード

チャットボットとは?

 チャットボットとは人間の代わりに、自動で会話対応してくれるプログラムのことです。近年のスマートフォンの普及により、LINEやFacebookメッセンジャーなどのチャット型のコミュニケーションサービスが一般化したのに加えて、2016年に入ってからFacebookとLINEがチャットボット開発用のAPIを公開したことからマーケティング活用について検討する企業が増えてきました。

 人手のかかる顧客対応をチャットボットで自動化したり、キャラクターとファンのコミュニケーションに活用できるのではと注目が集まっています。

  チャットボットの会話を成り立たせる仕組みは大きく2つあり、1.ルールベースに基づいたプログラムによってボットに会話させるやり方と、2.人工知能(AI)を活用してユーザーとの会話を学習して精度を上げていくやり方があります。

サポートチャットボットの幅広い活用シーン

問合せ対応だけでなく、ボットとの会話を通して商品をレコメンド。オペレーターへの切り替えもスムーズに実施可能。

社内外からの幅広いお問合せに、24時間対応。解決できなかった問合せを学習してブラッシュアップ。

よくあるお問合せはチャットボットで24時間体制を実現。コールセンターへの入電数と平均処理時間(AHT)、待ち時間も削減。

大切な見込み顧客をチャットボットがおもてなし。訪問者の離脱を防ぎます。

サポートチャットボット紹介動画

有人サポートとのシームレスな連携

チャットボットがユーザーの課題を解決できなかった場合、メー ルフォームとの組み合わせにより、有人サポートへの「エスカレー ション」を行います。

有人にエスカレーション

自動会話エンジン

 ユーザーが入力した日本語のメッセージに対して自然な受け答えや雑談を返信するAIエンジンです。

 ユーザーローカルが保有している膨大なテキストデータをもとに応答するため、独り言のようなちょっとしたつぶやきに対しても多様なバリエーションの会話を実現できるため、ボットとの雑談を楽しむことができます。

 単純な返答だけではなく、過去の対話内容にあわせたテーマで会話させる、といった指定も可能です。

Line bot

さまざまなチャットUIに対応

LINEのようなチャット形式や、ユーザーに選択肢を提示するリスト形式など、導入するサービスにとって最適なUIを設計できるようにさまざまな形式のチャットボットを作ることが可能です。

リスト形式

botらしさを演出する会話エンジン

・キャラクター会話API
 ネコっぽいキャラクター、犬っぽいキャラクター、ロボット風、執事風などキャラクターっぽい会話を実現。
 たとえば、「○○は愉快ですね」→「○○は愉快だニャ」のようにキャラクターにあわせたメッセージを生成します。

・興味関心テーマ自動抽出API
 個人の趣味や関心事を会話ログやTwitterのツイートから自動抽出します。

・形態素解析API
 文章を単語に分けて解析するための一般的なAPI。最新の用語辞書や人名を登録済みです。

豊富に取得できる解析データ

ユーザー数や会話数といった基本的なデータから、会話の精度や問い合わせのログなど豊富なデータが取得できるため、チャットボットの完成度を高めるのに有益なデータを直感的に確認できます。

解析データ