サポートチャットボットの作り方

ユーザーローカルチャットボットでは複雑な設定が必要なく、チャットボットを実装することが可能です。


法人向け : サポートチャットボット資料のダウンロード

STEP1 キャラクター、シナリオを設定

 まずどんなチャットボットを作成したいか決めます。

 企業独自のキャラクターだったり、サポートをチャットボット化したいなど、どんなボットを作るかを決めます。

STEP2 botが応答するための知識データベースを作成

どんなボットを作るかを決めたら次は会話の応答のやり取りをデータベース(知識データベースと呼びます)を作成します。 エクセルなどで作成したものをアップロードさせればチャットボットの原型が完成します。

お手元のDBをボットに接続

STEP3 プラットフォーム連携

・主要SNSとの連携
LINEやFacebook メッセンジャー、twitterなどチャットボットを設置したいそれぞれのプラットフォームと連携させます。
・自社サイトへの設置
 ウェブサイトに配置したい場合には専用のスクリプトを配布しますので、ウェブサイトの置きたい箇所に設置します。

STEP4 公開に向けたチューニング

ボットができればすぐに公開することもできますが、社内でテスト運用することをおすすめします。

検索キーワードの拡充や会話データのチューニングをおこなった後に、いよいよチャットボットを公開します。

お手元のDBをボットに接続

おめでとうございます!チャットボットが完成です!

 以上がチャットボットの一通りの作り方です。ユーザーローカルチャットボットはクラウドサービスなので、公開後も適宜チューニングができます。ユーザーの会話履歴を解析しながらどんどん賢いチャットボットに成長させていきましょう!